ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較)

ウェディングプランナーってどんな仕事?

ウェディングプランナーは結婚式をプロデュースする仕事で、結婚を控えたカップルの要望を聞いてよりよい結婚式を提案します。華やかな門出を演出するやりがいのある仕事なので、近年注目を集めている職種のひとつです。

ウェディングプランナーの求人を探すなら、まずは転職サイトに登録しておくと便利です。リクルートエージェントには業界に精通したプロのコンサルタントが多く在籍していますので、スムーズな転職を実現できるでしょう。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートグループによる転職エージェント。有名・大手企業からの求人も多数取り扱っており、ウェディング関連の上場企業や有名ホテルからの求人も数多く探していくことができます。ウェディングプランナーの多彩な就職先からの求人をまんべんなく入手できる点も魅力です。独自に収集した情報も充実しており、ウェディングプランナーの就業環境の実態、各求人ごとの就業環境や待遇などの詳細も詳しくしることができるでしょう。


マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビグループの総合転職エージェントとして運営されているマイナビエージェントにはグループ全体のさまざまな情報が取り扱われています。ウェディング関連の企業・施設からの求人も多数、ホテルからブライダル専門のプロデュース会社まで幅広い選択肢の中から探していくことができます。しかも業界に精通したキャリアコンサルタントによるサポートで自分の適性にあった求人を絞り込んだ上で最終的な判断を下すことができる点も魅力です。


ビズリーチ 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
ビズリーチは採用企業数が3400社を誇る転職エージェントです。業種の範囲も幅広くウェディングプランナー関連の企業・施設からの求人も見つけることができます。有名・大手企業も多く、高収入・待遇のよい求人も探していくことができるでしょう。ベンチャー企業も扱っており、近年増えているブライダル専門のプロデュース会社からの求人も期待できます。さらに自分で求人を探すだけでなく、企業からアプローチを待つヘッドハンティング制度も用意されています。


ウェディングプランナーの転職のコツは?

ウェディングプランナーの仕事に就くためは絶対に必要な資格といったものがありません。うまく行けばまったくの未経験、異業種からの転職も可能な一方、実務経験やスキルが重視される傾向が強い仕事なのでよい職場に出会うのがなかなか難しい面もあります。

転職のコツはまず自分がどんな職場で働きたいのかをある程度明確にしておくことです。ウェディングプランナーの就職先にはホテルや結婚式専用の式場、ゲストハウス、プロデュース会社などいくつかの選択肢があります。しかも近年の需要増に合わせて選択肢がますます増えている状況なのです。それぞれの施設によって待遇や仕事内容などに違いがあるので自分が働きやすい、あるいは採用されやすい職場を選ぶことも大事なのです。たとえばホテルでは宴会担当部門に配属されるのが一般的なため、結婚式だけに限らず他の宴会・パーティー、ホテル業務に携われるケースもあります。また専用式場では結婚式の成約を獲得するための営業手腕が重視される傾向が強いため、異業種での営業職としてのスキルが転職の際に有利になります。

自分の年齢に合った職場を探していくのも大事なポイントです。若い世代が担う職業というイメージが強いウェディングプランナーですが、実際には幅広い世代が活躍しています。とくに近年では初婚年齢の上昇や中高年カップルの結婚式の増加などでウェディングプランナーにも幅広い年齢層が求められている傾向が見られます。各施設によって客層が異なりますし、それによって中核となって活躍するウェディングプランナーの年齢層も違ってきますから、自分の年齢でも採用されやすい、歓迎される職場を選んでいくことが重要なのです。この点は求人情報だけではなかなか情報を得にくいので各施設のホームページなどさまざまな情報網を活用しつつ調べていくようにしましょう。

そして将来のキャリアも考慮して選んでいくこと。昇給・昇進ももちろんですが、その職場でどのようなスキルを身につけていくことができるか、どんなチャンスが得られるかも考慮したうえで選んでいくことが大事です。たとえば将来的に独立やフリーとして活躍できるようなスキルを身につけられるか。また施設によっては海外にも拠点を設けているところがありますから、将来は海外で働いてみたい、という方にはよい選択肢となるでしょう。このように、就職先も働く環境も幅広いのがウェディングプランナーの特徴です。転職の際には自分の適性とどれだけチャンスに恵まれるかを考慮したうえで求人をうまく絞り込んでいくことが重要なのです。

ウェディングプランナーの採用基準は?

ウェディングプランナーになるために必須な国家資格といったものはありません。まったくの未経験から就職することができる一方、なかなか思うように採用を得られないケースもあるのです。この点は結婚式を行っている会場やブライダル専用のプロデュース会社など、就職先によって採用基準が微妙に異なるのが理由の一つです。

まず経験。この仕事は実務経験とそれによって培った知識が非常に重要です。過去に携わってきた結婚式の内容も考慮しながらお客様に理想的な式の形を提案していくことができるからです。この仕事には理想的な結婚式をプロデュースするだけでなく、お客様の理想と実際に指揮を行ううえでの現実的な面をすりあわせていく面もありますから、実務経験に基づく取捨選択やお客様への説明が非常に大きな武器になるのです。そのため未経験でも募集がOKの職場でもアシスタントとして採用するケースが少なくありません。

なお、経験に関しては就職を希望する施設や企業と同じ職種での経験の方がやはり重視されます。ホテルとブライダル専用式場では同じウェディングプランナーでも業務の範囲が異なるからです。転職を検討する場合にはこれまで培ってきたキャリアがどれだけアピールポイントになるかどうかも考慮したうえで転職先の選択肢を検討していきましょう。

それから年齢。ウェディングプランナーとして働いている人の年齢は幅広く、20代〜50代くらいまでいます。実務経験があれば年齢がとくに不利になることはないでしょう。ただやはり施設や企業によって採用基準に年齢が設けられていることもあります。ウェディングプランナーの仕事はできるだけお客様と同世代で価値観を共有できることが望まれます。ですからどれぐらいの世代の客層をターゲットにしているのか、どれぐらいの世代の結婚式を多く扱っているのかによって採用基準となる年齢が異なってくるのです。ですから自分の年齢が採用されるチャンスが多い職場かどうかも求人探しを行っていくうえで重要なポイントとなってきます。

それ以外ではマナーと礼儀作法がしっかり備わっているか、ウェディングプランナーの仕事の現実を踏まえているかといった本人の内面も大事な採用基準です。結婚式というフォーマルな場に関わるこの仕事はとくに厳しいマナーと礼儀作法が求められます。面接の際に厳しくチェックされることになるので事前の対策が欠かせません。また繁忙期には激務になる、営業職としての面が濃いといった就業環境の現実的な面を理解し、それうえでこの仕事をやる気があるかどうかも問われます。

TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2018 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.