ウェディングプランナーの転職と年齢制限

ウェディングプランナー求人TOP >> ウェディングプランナーの転職の基礎 >> 転職と年齢制限

ウェディングプランナーの転職と年齢制限

ウェディングプランナーの転職においても年齢は大きなポイントとなります。イメージ的に若い世代の方が有利な印象もありますが、実際にはそのようなことはなく、幅広い年齢層がさまざまな施設で活躍しています。ただ施設によって傾向が異なったり、経験やスキルによって年齢制限が設けられることもあるので事前によく確認しておくことが大事です。

若い女性の仕事というイメージが強いウェディングプランナーですが、じつはあまりに若過ぎる人材は歓迎されない面があります。利用者に対してさまざまな提案をする際に経験が重視されるからです。それはウェディングプランナーとしての経験はもちろん、人生経験も含めたもので、仕事やプライベートを通したさまざまな経験から利用者によい結婚式を挙げるための提案・アドバイスが求められます。利用者はどうしても憧れやイメージを先行させて結婚式の希望を持つものですが、プロとして現実的な面も踏まえて計画を立てていくうえではやはりこうした経験が必要なのです。そのためウェディングプランナーは20代後半以降が適しているとも言われているのです。つまり、この職業の年齢制限は上限だけでなく下限もあるのです。あまり若い年齢の場合にはアシスタント待遇で採用するところも少なくありません。

上限に関しては過去に経験があるかどうかがまず大きなポイントとなります。豊富な経験があれば年齢が問われないことも多いのですが、未経験の場合は35歳くらいまでが上限とされています。他の職業に比べればかなり緩やかな制限といえるため、30代を過ぎてからチャレンジするチャンスにも恵まれています。

そして転職と年齢制限においてもっとも重要なポイントとなるのがそれぞれの施設がターゲットとしている客層です。ウェディングプランナーの仕事は利用者よりもあまり年齢が離れておらず、同世代かやや上くらいが理想的といわれています。結婚式に対するイメージは世代によって異なりますし、その時代の流行や価値観にも影響を受けます。そのためあまり年齢が離れていると話が噛み合わない恐れが出てくるのです。またよい結婚式の提案をする際には利用者よりも年齢が若すぎると説得力に乏しくなってしまいます。そのため施設がどれぐらいの年齢層をターゲットとしているかによってウェディングプランナーに求める年齢層も異なってくるのです。

近年では熟年層の結婚式や晩婚化による30代後半、40代の結婚式が増加しています。ですから今後ますます転職の際に年齢制限はあまり気にならなくなっていくことも予想されています。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2018 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.