ウェディングプランナーの適性(向き・不向き)

ウェディングプランナー求人TOP >> ウェディングプランナーの転職の基礎 >> 適性(向き・不向き)

ウェディングプランナーの適性(向き・不向き)

ウェディングプランナーの最大の適性はサービス精神でしょう。人を楽しませ、喜ばせるのが好き、そしてそのために手間と苦労をいとわない性格。スキルやキャリア以上にこの性格面の適性が大きく問われる職業なのです。

結婚式は幸せを実感するためのイベントといってもよいでしょう。もちろんその実感する方法はカップルによってさまざまなです。厳粛に行うケース、華やかに行われるケース、開放的に行われるケースなど。ただどんな形であれ幸せを形にするという点では共通しています。ウェディングプランナーはそんなカップルの希望を最高の形で実現するためにサポートを行うわけですから、喜んでほしい、結婚式を挙げてよかったと思ってもらいたい、という強い気持ちが大事なのです。これが備わっていないといくら優れた知識やスキルで結婚式を演出しても心がこもらない、どこか無味乾燥としたものとなってしまうでしょう。またそもそも新郎新婦の要望に応えた結婚式をプロデュースすることができないはずです。

人を楽しませ、喜んでもらうために手間と苦労をいとわない、というのは仕事に対する姿勢とも深く関わってきます。よく言われるようにウェディングプランナーの仕事はイメージと現実のギャップが大きく、営業職としての要素が大きかったり、結婚式が多く執り行われる繁忙期には連日のように残業、帰宅が深夜になるといった厳しい面もあります。そうした就業環境を乗り越えるためにも多くの人に喜んで欲しい、というモチベーションが大きな武器になるのです。そしてそうした気持ちが強ければ強いほど無事式を挙げてカップルの幸せそうな様子を見た時の喜びも増し、自分の仕事に対してやりがいや誇りを持つことができます。

こうした性格的な面のほかに接客業としてのマナーやルールをしっかり備えていることも重要です。結婚式というフォーマルな場と関わる仕事ですから、他の接客業と比べてもマナーに厳しく、また特殊な知識やスキルも求められます。お祝い事の場に相応しい態度や言葉遣いをしっかりマスターしているかどうか。うまく振る舞うことができるかどうか。実務経験で身につけていくことができる面ですが、重要な適性といえます。

あとはコミュニケーション能力。お客様との交渉はもちろん、他のスタッフ、料理や演出に関わる業者とうまくコミュニケーションし、理想的な環境で準備を行っていくことができるか、交渉能力も含めたスキルが求められます。こうした適性が自分に備わっているのかどうか、就職・転職を目指す際には確認してみるとよいでしょう。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2018 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.