ウェディングプランナーの残業

ウェディングプランナー求人TOP >> ウェディングプランナーの転職の基礎 >> 残業

ウェディングプランナーの残業

華やかなイメージもあるウェディングプランナーの仕事ですが、実際にはかなり忙しい環境の中で働かなければならないケースもあります。接客業としての面もあるため、連日神経を使ってヘトヘトに疲れてしまう、といったケースも。

就職・転職を考えている方にとってまず気になるのは残業の有無でしょう。ウェディングプランナーの仕事は時期によって残業の量に違いが出てくるのが大きな特徴です。ジューンブライドなどと言われるように結婚式に適したシーズンがあるため、その時期に集中して結婚式が行われることで目が回るほどの忙しさになってしまうことも多いのです。この残業の問題はウェディングプランナーの仕事を知る上で避けて通れない問題と言ってよいでしょう。

ウェディングプランナーの残業はどれだけ結婚式が多いかにかかわってきます。先にジェーンブライドについて触れましたが、実際に結婚式が多いのは春と秋。6月は梅雨時ということもあってかイメージほど多くはないようです。気候的に適した春と秋に結婚式を挙げたい…多くの人が同じことを考える傾向があるため、この時期に結婚式の成約や予約が集中する傾向が見られるのです。ですからウェディングプランナーはこの時期にかなり大変な思いをすることになります。

1日何時間残業をする、といったレベルではなく連日帰宅が深夜になるケースも少なくありません。家に帰るのは寝るためだけ、起きたらすぐに出社、という生活をしばらくの間続けなければならないケースも。しかも結婚式は土日祝日に行われるケースが多いですから、休日出勤も少なくありません。

この残業に関しては帰宅環境にも大きく影響します。仕事を終えるのが終電をとっくに過ぎた後になってしまうことも多くタクシーでの帰宅も多くなるのです。こうした心身の負担に耐えられるかどうかもこの職業の適性を問うポイントとなります。

一方、真夏や冬など結婚式の数があまり多くない時期にはゆとりがあるので残業はほとんどなく、繁忙期になかなかとれなかった休みを振替休日の形で取得したり、有給休暇を取得することも可能です。この時期による就業時間の格差はウェディングプランナーの最大の特徴ともいえます。求人を探す際にはあらかじめ繁忙期にどれだけ忙しいのか、そして残業代はしっかり出るのかを確認しておくとよいでしょう。少なくとも華やかでクリエイティブなイメージだけでこの職業を捉えてしまうのは避け、激務な面もあるという現実も見据えた上で就職・転職を目指していきましょう。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2018 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.