ウェディングプランナーに有利な資格

ウェディングプランナー求人TOP >> ウェディングプランナーの転職の基礎 >> 有利な資格

ウェディングプランナーに有利な資格

ウェディングプランナーになるために必要な資格というものはありません。そのためチャンスさえ生かせればまったくの初心者、未経験からなることもできるのです。ただ民間資格でいくつかの関連資格があり、取得しておくと就職・転職の際に有利になります。

まず日本ブライダル事業振興会(BIA)によって認定されている資格。この団体ではブライダルに関連したいくつかの資格を用意しています。ウェディングプランナーとしての資格ではなく、広く結婚式に関わる資格なのが特徴です。まず「BIAブライダル・コーディネーター検定」。これはこれからブライダル関連業界への就職を目指す方を対象にした資格で、基本的な知識やマナー・礼儀、接客のスキルなどを問う内容です。それから「アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定」。これは筆記試験のみで行われ、おもに実務関連の知識について問われます。

それからもとはアメリカの資格である全米ブライダルコンサルタント教会(ABC教会)による認定資格。日本でもこの資格が「ブライダルプランナー検定」の名称で実施されており、1級と2級の2種類が用意されています。この資格の特徴はこれからウェディングプランナーを目指したい未経験・初心者を対象としていることです。上記の日本ブライダル事業振興会の資格は基本的にブライダル関連の専門学校に通っている方やすでに実務経験がある方をおもな対象としているのに対し、こちらは受験資格も設定されていないなど敷居が低いのです。異業種からの転職を目指す方が受験するケースが多く見られます。なお、この資格の1級に合格することでより専門的な知識・スキルが求められる「アシスタント・ブライダルプランナー」の資格の受験が可能になります。

ほかにもいくつかウェディングプランナーになるうえで有利な資格があります。その中には講座を受講する必要があるなど資格によって条件が異なりますが、取得しやすさなども考慮に入れた上で選んでいくとよいでしょう。

ウェディングプランナーの仕事はスキルとキャリアが重要と言われます。クリエイティブなイメージが強い仕事ですが、よい結婚式を提案するためにはさまざまな式のパターンが頭に入っており、カップルの要望やシチュエーションなどを元に取捨選択をしながら組み合わせていく作業が求められるのです。そのためにもウェディングプランナーとして必要なスキルと知識を問うこれらの資格は就職・転職のためだけでなくこの仕事でキャリアを積み重ねていくうえでも大きな武器となるはずです。興味がある資格があれば取得を目指してみてはいかがでしょうか。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2018 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.