ウェディングプランナーのやりがい

ウェディングプランナー求人TOP >> ウェディングプランナーの転職の基礎 >> やりがい

ウェディングプランナーのやりがい

ウェディングプランナーのやりがいは何と言っても結婚式という人生の大切な節目をプロデュースできる点にあります。多くの人にとって結婚式は一生に一度、そしてその人生の中でももっとも幸せな瞬間です。その大切な機会を最高の思い出にするために演出し、サポートする。これほど魅力的な仕事があるでしょうか。

そんなウェディングプランナーの仕事は幸せを形にするものといってもよいでしょう。結婚を控えたカップルは幸せいっぱい、そしてそれを結婚式でできるだけ表現したい、そして実感したいと思っているものです。頭の中でこんな結婚式をしたい、こんな環境で結婚したいといった漠然としたイメージをたくさん浮かべているわけですが、ウェディングプランナーの仕事はそれを具体的な形にして最高の舞台を作り上げるためのサポートを行うわけです。利用者の期待に応えながらもその期待をも上回る舞台を用意する。それが実現した時の新郎新婦の幸せそうな様子を見ることができた時の充実感はこの仕事ならではの魅力といってよいでしょう。

またこうした作業をひとつひとつ組み合わせるようにして行っていくのもこの仕事の大きなやりがいのひとつです。プロデュースといってもすべてを自分ひとりで行うわけではありませんし、自分のイメージを一方的に押し付けて準備していくわけでもありません。あくまでお客様の希望を聞いたうえでよく話し合っていくことになります。できるだけイメージに合った提案をするだけでなく、もう一歩踏み込んだ提案を行っていくことでさらによい結婚式を目指していくことができます。相手の希望にただ添うだけでなく、こちらのイメージを押しつけるわけでもない、コミュニケーションをとりながら最高の環境を築き上げていく、そのひとつひとつの作業がやりがいといってもよいでしょう。

そしてそれは式場の他のスタッフや関わる業者との関係においても同様です。演出や料理など、お客様の希望に応えながらどれだけ素晴らしい環境を用意できるか、綿密に話し合いながら決定していくことになります。結婚式に関わるすべてのスタッフとお客様との橋渡し役を担当する面もあるのです。こうした積み重ねがあるからこそ、よい結婚式を実現できたときの喜びも増すというものです。

中高年のカップルによる結婚式が増加するなどウェディングプランナーの役割が多様化しており、年齢に関わりなくキャリアを築いていける点も大きな魅力です。やりがいがあり、しかも将来性にも恵まれた職業といえるでしょう。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2018 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.