ウェディングプランナーの志望動機・自己PR

ウェディングプランナー求人TOP >> ウェディングプランナーの転職の基礎 >> 志望動機・自己PR

ウェディングプランナーの志望動機・自己PR

就職・転職活動を行う際には適切な志望動機と上手な自己PRが求められますが、ウェディングプランナーの場合はとくにその傾向が顕著に見られます。どうしても理想とイメージが先行しやすい職場のため、現実をよく見据えたうえでの志望動機を決めることが求められるのです。

志望動機とはなぜその職業になろうと思ったのかを説明するものです。しかしかといって正直に理由だけを並べ立てたのでは適切な内容にはなりません。冒頭に挙げたようにウェディングプランナーはイメージが先行しがちな職業ですから、自分が抱いている職業に対する理想だけを並べ立てるだけでは不十分なのです。「この仕事を通して多くのカップルを幸せにしたい」「結婚するカップルに幸せな機会を提供する仕事に魅力を感じた」といった志望動機は耳なじみこそよいですが、この職業の実態は正しく理解しているとはいえず、マイナスの印象を与えてしまう恐れがあります。

実際にはこの仕事には連日の残業や休日出勤といった厳しい就業環境があります。また結婚式の企画・提案の際にも利用者の意見をよく聞きながら話を進めていく必要がありますから、必ずしもスムーズに進むとは限りませんし、自分のイメージに合った結婚式ができるとも限りません。結婚式の企画や準備などクリエイティブな仕事をやりたいと思っていたのに実際には成約を獲得するための営業の仕事ばかり、といったケースも少なくありません。ですから志望動機ではこうしたウェディングプランナーの仕事の現実を踏まえた上でどうして目指そうと思ったのかをうまく説明できる内容が求められます。「過去の仕事で培ってきたコミュニケーション能力を活かせる職場だと思った」など、自分のキャリアやスキルとうまく組み合わせて説明できるとよい印象を与えることができるでしょう。

一方自己PRについても同様のことが言えます。ウェディングプランナーの実際の業務内容に合わせた自分の適性やスキルをうまくアピールしていきましょう。たとえば接客業の経験がある方は接客におけるマナーや礼儀をひと通り身につけていることが有利な材料になります。また営業職の経験がある方は営業力やコミュニケーション能力が大きなアピール材料になります。先述のようにこの職業には営業職としての面も持ち合わせているからです。他にもプロジェクトの責任者としての経験などもこの仕事に直接結びつくよいアピール材料となるでしょう。こうした経験がない方は性格面の適性、人と接するのが好き、喜ばせるのが好き、忍耐力を備えているといった面をアピールすると効果的です。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2018 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.