ウェディングプランナーの仕事内容

ウェディングプランナー求人TOP >> ウェディングプランナーの転職の基礎 >> 仕事内容

ウェディングプランナーの仕事内容

ウェディングプランナーといえば結婚式をプロデュースする仕事。しかしその華やかなイメージに対して具体的な仕事内容に関してはあまり知られていない面もあります。華やかなイメージだけで憧れて目指す人も少なくありません。

ウェディングプランナーはそんな華やかなイメージと実際の仕事内容とのギャップが大きい仕事と言われます。メインとなる仕事内容は結婚式のプロデュースですが、その業務を行う際にはさまざまな役割が求められるため、目指す際にはその点をよく把握しておく必要があるのです。

まずお客様への営業と提案。見学や相談に訪れたカップルに対する営業活動がまずあります。この式場ではどのような結婚式を行うことができるのか、そして相手の希望を聞いたうえで具体的なプランやオススメのスタイルなどを提案していくことになります。会場を案内しながら施設や設備に関して具体的な説明をするのも大事な仕事です。そのためウェディングプランナーは営業職だ、という意見もあります。施設によってこの部分の比重がどれだけ高いかは異なってくるのですが、営業の手腕が求められることは間違いありません。

結婚式のプロデュースを行う際には当然お客様の希望を取り入れたうえで計画を立てていくことになります。相手の希望を実現できるよう全力を尽くすのはもちろんですが、現実的に可能かどうかを判断し、さらにはよりよい式にするための提案やアドバイスも重要です。そのためにはカウンセリングも行いつつ綿密なコミュニケーションのもとで話し合っていく必要がありますし、信頼関係の構築も重要でしょう。クリエイティブなイメージが強い仕事ですが、実際にはこうした実践的な面が強いのです。

式の計画が決まったら準備に入ります。音響や照明といった設備の準備、式場に付属していない設備・機材を使用する際には業者への委託を行うことになりますし、当日出す料理の手配、式に携わるスタッフへの指示など、さまざまな人とかかわりながら準備を行っていくことになります。どれかひとつ欠けただけでも式に支障をきたしかねないため、綿密な打ち合わせを繰り返しながら整えていく必要があります。しかもその間にもお客様から要望の変更などが寄せられることもあり、それに対する対応も行います。

このように、ウェディングプランナーは華やかなイメージとは裏腹に実務面でのスキルが求められる仕事です。ある意味裏方的な仕事に向いているかどうか、自分の適性を確認してみるとよいのではないでしょうか。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2018 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.