ウェディングプランナーの勤務時間・休日

ウェディングプランナー求人TOP >> ウェディングプランナーの転職の基礎 >> 勤務時間・休日

ウェディングプランナーの勤務時間・休日

ウェディングプランナーの勤務時間は通常他の仕事とそれほど変わりなく、7〜8時間程度といわれています。しかしこれはあくまで全体の平均、この仕事は時期によって勤務時間に大きな波があるのが大きな特徴なのです。

結婚式をプロデュースする仕事ですから、結婚式が多く行われる時期に忙しくなります。結婚式の時期は参加者の都合もありますが、どちらかといえばカップルの都合や希望に合わせて決められます。その点他の冠婚葬祭に比べて当事者が時期を調整しやすい面があるわけです。逆に言えば希望する時期が集中しやすく、特定の時期に結婚式の成約が続くことになります。日本では気候がよく快適に式が行える春や秋に集中する傾向が見られます。

ですからこの時期は目が回るような忙しさ。ウェディングプランナーは連日残業続きで1日4〜5時間の残業が珍しくない環境になります。帰宅は深夜遅く、すでに終電が過ぎてタクシーで帰るといったことも少なくありません。家に帰るのはただ寝るためだけ、といった生活が1ヵ月くらい続くのです。

しかもいくつもの結婚式を同時進行でプロデュースしていく形になりますから、精神的な負担もかなりのものです。自分にとっては担当する業務の一つでも結婚式を行うカップルにとっては一生に一度の機会、失敗は許されませんし、疲れているから適当に済ませるというわけにも行きません。さらに準備のためにはレストランなど他の施設や業者との交渉やコミュニケーションが必要ですから、スケジュール管理も含め滞りなく作業を進めていくことが求められます。こうした事情から精神的な負担も大きく、この仕事が激務といわれる理由ともなっています。

休日に関してもなかなか思うように取れないことが多いようです。結婚式は通常土日に行われますから、まず休日に休みをとるのが難しくなります。また準備のスケジュールの影響で自分の希望通りに取れない、ということも少なくありません。多くの施設では4週8休の形で対応しており、業務に差し障りのない日にちに休みをとっています。

一方、繁忙期以外、真夏や厳冬期など結婚式が少ない時期は比較的余裕があり、この時期にまとめて休暇をとることができたり、残業もなく定時に帰れる環境になります。忙しい時期とそうでない時期で勤務時間と休日の環境の落差が大きい、この点もぜひとも覚えておきたいポイントです。ウェディングプランナーとしてのスキル・知識以上にこうした就業環境に耐えられるかどうかが適性を問う重要なポイントとなっている面もあります。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2018 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.