既卒okのウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナー求人TOP >> 条件別のウェディングプランナーの求人 >> 既卒ok

既卒okのウェディングプランナーの求人

既卒でも応募可能なウェディングプランナーの求人を探すのは簡単です。むしろこの仕事は新卒のみの方が少ないといってもよいでしょう。それだけに求人を探すことよりも絞り、選んでいくことが重要になります。

もともとウェディングプランナーという職業そのものの需要が高まり始めたのが2000年代に入ってからくらいの話です。またこの職業に就くのに必須の資格といったものもありませんし、そのための養成施設や大学の学科といったものも特にありません。ですから極端な話なりたい、目指そうと思えばいつでもチャレンジできる仕事なのです。こうした事情のため、新卒から就職を目指す人よりも既卒で他の職業からチャレンジするケースやアシスタントで実務経験を積んだ上で転職を目指すケースの方が圧倒的に多く既卒okが当たり前の状況になっているわけです。

この点では既卒の人が就職しやすい環境とも言えるわけですが、一方では実務経験が重視され、即戦力として活躍できる人材が求められている傾向が見られます。新卒が優遇される業種なら人材育成のための環境やカリキュラムが整っており、既卒の中途採用向けの研修制度なども用意されているケースが多いのですが、ウェディングプランナーの仕事は先述のようにまだ職業そのものの歴史が浅いこともあってこうした環境が十分に整っていない面もあるのです。

ですから既卒okのウェディングプランナーの求人を探す場合には実務経験があるかどうかで状況がまったく異なってきます。まったくの未経験からチャレンジする場合には未経験でも応募okの仕事を探していくほか、他の業種での実務経験がどれだけ活かせるかをよく考えて求人を選んでいくことが大事です。この仕事は接客業としての面やイベントの企画・運営といった面を備えていますから、他の業種でこうした経験を積んできた方は既卒で未経験でも歓迎されます。

また入社した後にどのような環境で働くことになるのかもできるだけ確認しておきましょう。たとえば結婚式場やホテルでは宴会担当の部門に配属され、ウェディングプランナーとは直接関係ない仕事を担当させられることもあります。当面の期間はアシスタントとしての採用となり、給料などの待遇面が低く抑えられることもあります。年齢的にそうした環境が耐えられるかどうかも求人を絞り込んでいくうえでのポイントとなるでしょう。

結論から言えば30歳くらいまでは既卒でも仕事を見つけやすい傾向がありますが、それ以上の年齢となると一人前になるまでにかかる時間やその間の待遇面などが大きなネックとなってきます。自分の年齢や生活環境なども考慮しつつ検討していきましょう。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2018 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.