学歴不問(中卒・高卒okなど)のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナー求人TOP >> 条件別のウェディングプランナーの求人 >> 学歴不問(中卒・高卒okなど)

学歴不問(中卒・高卒okなど)のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーになるためにとくに必要な資格はありません。この資格を持っていないとなれないという国家資格の類もないため、その気になれば学歴に関係なく就職・転職も出来ますし、さまざまな舞台で活躍の場を得ることができます。ただだからといってすべての求人が学歴不問とは限りません。求人探しの際にはこの点をまず踏まえておくことが大事です。

ポイントとなるのはどのような経緯でウェディングプランナーになったのか、あるいは目指そうとしているのか、です。もっとも就職しやすいルートは大学や専門学校などでブライダル関連の学科で学んでおくことです。こうした場で身につけた経験や知識が就職・転職の際に大きくモノを言うわけです。その意味では学歴が重要とも言えます。一方、冒頭で触れたようにこうした学校や養成機関を出たり必要な資格を取得しなければウェディングプランナーになれないというわけではありませんから、アピールできる学歴がない方はそれを補うアピールポイントを用意しておくことが第一です。

具体的に言えば実務経験です。いくらレベルの高い大学を優秀な成績で卒業したといっても必ずしもウェディングプランナーとして優れた仕事ができるとは限りません。それよりもすでに現場で数多くの経験を積んで実績を重ねてきた人材の方が採用担当者の印象がよいケースも少なくないのです。まだこの職業そのものが新しく、教育制度や研修制度といった仕組みが十分に整っておらず、どの施設でも即戦力として活躍できることを前提に求人を出すケースが目立ちます。

ですから、すでに実務経験がある方は学歴不問の求人を探すというよりもキャリアをアピールできる求人を選んでいくことがよい職場を探していくうえでのポイントです。高卒なら多くの求人が応募okとしていますし、中卒でも問題なく応募できるところも少なくありません。またもし学歴がハードルになりそうな求人でも豊富な実務経験があれば応募が出来ることもありますから、よさそうな求人があれば直接問い合わせて見るのもひとつの方法です。

実務経験も学歴もアピールできない場合にはアシスタントとしての求人を探しましょう。経験・学歴ともに不問でアシスタントを募集している求人も少なくありません。待遇面では少々不満があるかもしれませんが、学歴の不足を補う実務経験を積む貴重な機会となります。そのまま同じ職場で正規のウェディングプランナーを目指すもよし、経験を積んだ後で転職を目指すもよし、一からのスタートを目指す方にとっては最適な選択肢となることでしょう。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2018 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.