ウェディングプランナーの男女比は?

ウェディングプランナー求人TOP >> FAQ >> ウェディングプランナーの男女比は?

ウェディングプランナーの男女比は?

【ウェディングプランナーは女性の仕事?】
現在人気を集めている職業が、ウェディングプランナーです。近年、結婚式をあげないカップルも増えている中でも人気を上げ続けているウェディングプランナー、結婚式をあげたくて式場の見学に行けば、大抵の人がお世話になる存在です。

しかし、実際に結婚式場を見学した事がある方ならお分かりかもしれませんが、ウェディングプランナーは極端に女性が多い職業になります。男性のウェディングプランナーも居ないわけではありませんが、その数は女性に比べれば少ないです。

【ウェディングプランナーの男女比は?】
男性のウェディングプランナーは、全体の10パーセントほどであると言われています。男女比は1:9。数字で表してみると、どれだけ男性が少ない職業なのかが分かります。

【男性である事は不利になるか】
女性に比べて男性のウェディングプランナーの求人が少ないのは事実です。中には採用試験自体を女性限定にするブライダル会社も存在します。

しかし、実際のところウェディングプランナーが女性でなければならないと言う明確な根拠はありません。結婚式に憧れ力を入れているのが新婦側に多く、多くの希望を持っているのも新婦側なので、女性のウェディングプランナーの方が話しやすい、理解してもらいやすい……と言う理由はありますが、本来はちゃんと仕事が出来るウェディングプランナーであれば男性でも女性でも問題ないのです。

【男性がウェディングプランナーになるには】
現在のブライダル業界では、男性がウェディングプランナーとして働くのは非常に困難です。仕事自体が出来ないと言う話ではなく、まず採用される事が難しいと言う現状、選ばれるには女性には無い武器を持っていなければなりません。ウェディングプランナーに必要な知識やスキルを得るには幾つかの方法があります。一つは専門学校や養成スクールに通う事です。元々ウェディングプランナーは専門学校や養成スクールを介しての求人が多いため、知識やスキルを得る事が出来るだけでなく、就職に繋げる事も出来ます。

また、中途採用でウェディングプランナーになりたいと考えている男性であれば、前職で営業を経験した事があると有利になります。ウェディングプランナーと言うと、結婚式の演出や進行についての提案・アドバイスをする職業だと思われがちですが、実は営業も立派な仕事。自社の式場で結婚式をあげてもらうためにも、営業能力は欠かせないのです。女性よりも男性の方が営業経験者が多いので、この点は男性にとって有利でしょう。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2018 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.