ウェディングプランナーに多い悩みは?

ウェディングプランナー求人TOP >> FAQ >> ウェディングプランナーに多い悩みは?

ウェディングプランナーに多い悩みは?

【ウェディングプランナーの生活】
ウェディングプランナーと言えば、忙しい仕事として有名ですが、実際はどうなのでしょうか。

ウェディングプランナーは、結婚式のプランニングを行うだけでなく、式場を見学にきた人達への接客や営業、デスクワークと、一日のうちにやる事は山積みのお仕事です。残業が多いのは言うまでもありませんが、気になるのは土日にちゃんと休めるかどうかではないでしょうか。

【土日はちゃんと休める?】
残念ながら、全ての土日にしっかり休みをとれると言うわけではありません。ウェディングプランナーは、自分が携わった結婚式に立ち会う事になります。結婚式が行われるのは週末の土日が多いので、それにより土日に休みをとる事が出来なくなってしまうのです。

ウェディングプランナーは式で必要なものや司会者の手配、ドレスやメイクのアドバイスなどが主なお仕事だと思っている人も多いですが、当日に滞りなく式が進行するよう尽力し、トラブルがあればすぐさま対応するのも大事な業務の一環になります。

【全ての土日が潰れるわけではない】
結婚式が最も集中するのは10月と11月であり、次いで3月・4月・5月であると言われています。この時期になると土日の多くが潰れます。また一日に行われる結婚式も一つではなく、休日なのに朝から晩まで仕事に追われると言う事もあるでしょう。逆に閑散期の1月・2月・7月・8月であれば全ての土日が潰れると言う事は少ない筈です。

【ウェディングプランナーに休日は無い?】
土日が殆ど潰れる、と聞くとウェディングプランナーには休日が無いように思えるかも知れませんが、そんな事はありません。確かに土日は仕事をしなければならないですが、シフト制をとり、週休2日や1ヶ月に8日程度の休みの規定を設けられている場合が多いです。土日に出勤しなければならないからと言って、まるで休めないと言うわけではないので安心してください。

ブライダル会社にもよりますが、年末年始や夏季休暇、有給休暇、慶弔休暇を設けているところは多いので、ウェディングプランナーの仕事をしながらプライベートを充実させる事も十分可能です。またウェディングプランナーが忙しい仕事であるのは確かですが、結婚式と言う人生で最も輝く瞬間に立ち会い、幸せのお手伝いが出来ると言う事で、多くの人がやり甲斐を感じて働いています。もし休日が心配であるなら、面接の時に聞きましょう。確認を怠ると、入社後に「こんな会社だと思わなかった……」と後悔する事になります。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2018 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.