ウェディングプランナーの歩合は?

ウェディングプランナー求人TOP >> FAQ >> ウェディングプランナーの歩合は?

ウェディングプランナーの歩合は?

【ウェディングプランナーは高収入?】
ウェディングプランナーは華やかなお仕事ですが、全てのウェディングプランナーが高収入と言うわけではありません。当然新入社員や未経験の中途採用者はお給料も少な目になりますが、長く働き続けるうちにアップしていくでしょう。ウェディングプランナーは経験がものを言う職業なので、長く続ければ続けた分だけ実力がつき、それにあわせてお給料も増えていく傾向にあります。加えて、ウェディングプランナーには歩合制によるお給料アップがあります。

【ウェディングプランナーの歩合】
ブライダル会社の中には、歩合制をとっている場合があります。ウェディングプランナーの業務は、結婚式の手配やスケジュールの作成だけではありません。結婚式場を探して見学に来たお客様にヒアリングを行い、自社のプランや強みをアピールして営業をかけるのも大切な仕事です。もし新規に契約を結ぶ事が出来れば、その分だけお給料がアップします。なお、歩合制をとっているからと言って、営業成績がゼロの場合はお給料が支払われないと言うわけではありません。歩合制を採用している場合は、基本給に歩合のお給料がプラスされる形になる事が多いです。一件につき幾らの歩合がプラスされるかは企業によるので、事前に採用情報をよく読み確かめておきましょう。

【フリーランスのウェディングプランナー】
フリーランスのウェディングプランナーも、契約した分だけお給料が増えます。ただ、こちらはあくまでフリーなので基本給は無く、本当の意味で契約した分しか収入を得られません。しかし、ウェディングプランナーは知識と経験があれば独立が可能な職業です。実績と人脈があるウェディングプランナーの中には、敢えてフリーランスになる事を選択する人も少なくありません。

フリーランスのウェディングプランナーになる場合、重要になるのは人脈です。実績をつみ、名前が知られるようになれば、挙式予定の人達から直接依頼が来る事もありますが、そんなウェディングプランナーは稀です。少なくとも、最初は式場やブライダル会社からの委託を受ける形になるでしょう。委託を受けるためには、人脈が欠かせません。この人脈を作るためにも、最初からフリーランスで活動するのではなく、複数の式場やブライダル会社に勤めて実績を積みましょう。フリーランスで成功するか否かは、この人脈によるところが大きいです。人脈があれば、定期的に委託依頼が来るでしょう。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2018 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.