ウェディングプランナーの転職面接

ウェディングプランナー求人TOP >> ウェディングプランナーの転職の基礎 >> 転職面接

ウェディングプランナーの転職面接

ウェディングプランナーの仕事は、なんらかの資格や特定の能力があればできるというものではありません。新郎新婦の意見を聞きつつ、招待客みんなが喜んでくれるような結婚式を計画する必要がありますので、企画力や人とのコミュニケーション能力がとても重要になります。そして、上手に提案するプランをプレゼンテーションできる力も求められます。そのため、転職面接の際には、それぞれの人となりがとても重視されます。

お客さんとの関係を上手に保っていけるか、人の話をよく聞けるかなどがポイントとなりますので、面接中は常に笑顔を絶やすことなく気持ちの良い印象を与えられるようにしましょう。また、受け答えをはっきりとしてさわやかなイメージを持ってもらえるようにすることもポイントです。

自分のことを説明するときには、単に事実を述べるだけでなく、今まで行ってきた仕事から得た喜びや成功談などを気持ちを込めて話すように心がけましょう。相手に自分の意見を納得してもらえるような話し方をすることは、ウェディングプランナーとして重要な資質ですので、この面でも心を配る必要があります。このように、転職面接では何を話すかということだけでなく、どのような話し方をするかというのも大切ですので、鏡の前で自分の表情などを観察しながら練習したり、面接対策を誰かの前で行い観察してもらうなどの工夫ができるでしょう。

また、ウェディングプランナーとして転職する際には、今まで経験やどんなプランを立ててきたかというのも採用を分けるものとなります。そのため、上手に自分のことをアピールできるようにすることが大事です。転職先として考えている会社ではどんな結婚式のプランをメインとしているかを調べて、それにマッチするような内容の経歴を強調して、自分が役に立つ人材であるということをアピールできるようにしておきましょう。

他の業種でも同じことが言えますが、ウェディングプランナーの場合も基本的なマナーというのはとても重要です。ちょっとした言動でお客さんを不快にさせてしまうことがありますので、接遇の姿勢は面接でもチェックされるポイントです。挨拶の仕方や入室退室の仕方などを、もう一度復習して礼儀正しいという印象を与えられるようにしましょう。緊張するとつい忘れてしまうこともありますので、事前にしっかりと練習して、たとえ上がってしまったとしても自然とマナーよく振る舞えるようにしておくことが肝心です。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2022 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.