ウェディングプランナーに多い転職理由

ウェディングプランナー求人TOP >> ウェディングプランナーの転職の基礎 >> 多い転職理由

ウェディングプランナーに多い転職理由

ウェディングプランナーはどうして転職するのか、就職・転職を目指す際にはあらかじめリサーチをしておいた方がよいでしょう。この職業への人気の高まりから異業種から転職を目指す人が増えている一方、厳しい勤務環境から他の職場へ転職するウェディングプランナーも増えているため、それぞれの事情によって転職理由が大きく異なってくるのも大きな特徴です。

まず異業種から目指す場合に多い転職理由は「結婚式のプロデュースを通して多くの人を幸せにしたい、幸せな結婚式を演出したい」というものです。これはこの職業の魅力そのものでもあり、またこの点にやりがいを感じて目指す人が多いものです。もっとも正直な転職理由といってもよいでしょう。ただし、この理由は実際の就職・転職活動の際にはあまり有利にならない面もあります。冒頭にも挙げたように実際のウェディングプランナーの仕事は厳しい就業環境に晒されることが多いからです。実際にはクリエイティブな面よりも営業職の面の方が強い、あるいは繁忙期には連日のように残業続きで働かなければならないといった厳しい現実もあります。ですからイメージや理想だけを転職理由にするのではなく、厳しい面があることを踏まえたうえでこの仕事をやりたい、とアピールできる転職理由が求められます。言い方はあまりよくないかも知れませんが本音と建前を使い分けることも大事なのです。

ウェディングプランナーが他の職場に転職をする場合の理由でもっとも多いのは何度か挙げた厳しい就業環境です。先述したように繁忙期には連日のように残業しなければならず、それも終電が過ぎて深夜にタクシーで帰宅しなければならないといったケースも決して少なくありません。また休日出勤も珍しくないうえ、結婚式に合わせて土日祝日に勤務しなければならないといった問題も出てきます。こうした環境に耐えられずに離職・転職を決めるケースが非常に多いのです。この点からはウェディングプランナーの仕事は離職率が高めとも言われており、なかなかひとつの職場でキャリアを積んでいくのが難しいという実情も窺えます。

もうひとつ転職理由としてよく見られるのが自分のキャリアのために職場を変えるケースです。ウェディングプランナーの仕事は働く職場によって業務内容にかなりの違いが出てきます。ホテルとゲストハウス、専用式場、あるいはブライダル専門のプロデュース会社など、求められる仕事が違ってきますし、職場によっては結婚式とは直接かかわりのない業務を担当することもあります。今後のキャリアを考え、もっと自分を磨くことができる職場を求めて転職するケースも少なくないのです。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2022 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.