ウェディングプランナーで募集が多い時期

ウェディングプランナー求人TOP >> ウェディングプランナーの転職の基礎 >> 募集が多い時期

ウェディングプランナーで募集が多い時期

ウェディングプランナーの仕事は時期によって忙しい時期とそうでない時期がはっきり分かれる傾向が見られるのが大きな特徴です。結婚式に携わる仕事ですから、当然結婚式が多く行われる時期に忙しくなります。どの季節・時期が結婚式に適しているのかについては多くの人が同じイメージを持っており、多くのカップルが気候がよくて心地よく式が挙げられる春と秋に希望します。ですからこの時期は成約・予約が殺到して連日慌しい環境で業務を行う必要があるのです。

そのため、募集が多い時期もこうした繁忙期と深く関わってきます。繁忙期に合わせて人材を確保しておくため求人を出すケースが多いため、春と秋よりも少し前の時期に募集が増えます。

ただ特定の時期に集中して多くの施設から募集がかけられるといったことはなく、ある程度広い時期の間に継続して募集が多くなる傾向が見られます。結婚式の予約が多くなりそうなので人員を増やす施設もありますし、繁忙期に少しでも多くの成約を獲得するために人員を増やす施設もあります。前者の場合は春・秋のシーズンに合わせて募集を行うことになりますし、後者は多少はやめ、冬・夏の半ば過ぎくらいから募集をかけるケースが多くなるのです。この点は入職後の業務内容にも深く関わってくるので大事なポイントです。前者の場合は入職後に企画や準備など結婚式に直接携わる仕事が多くなるのに対し、後者は成約・予約を獲得するための営業の仕事が多くなる傾向が見られるのです。求人情報を探していく際にはこうした各施設の事情や思惑の違いについてもよく把握しておくようにしましょう。

もうひとつ、繁忙期が過ぎた後に募集が増えることもあります。意外に思えるかもしれませんが、じつはけっこう多いのです。繁忙期のウェディングプランナーは非常に忙しく、連日深夜まで残業したり休日も思うように取れないといった厳しい環境での業務を求められます。それに耐えられずに辞めてしまうケースも少なくないため、その欠員を補充するために募集をかける施設が増えるのです。こうした欠員を補充するための求人はよい待遇のものが多く、転職を目指す方にとっては狙い目となります。繁忙期を少し過ぎた時期に探してみるとよいでしょう。

あとは施設の新規オープンや事業の拡大に合わせて募集がかけられることもあります。とくに近年は専用式場やゲストハウスの増加やブライダル専門のプロデュース会社の増加などによってこうした求人が増えている状況です。こうした職場なら人間関係を築きやすいといったメリットもありますから、うまく狙ってみてはいかがでしょうか。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2022 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.