ウェディングプランナーの離職率

ウェディングプランナー求人TOP >> ウェディングプランナーの転職の基礎 >> 離職率

ウェディングプランナーの離職率

ウェディングプランナーに憧れる方も増えていますが、その実態はあまり広く知られていない面もあります。イメージ先行で就職・転職を目指したものの、いざ入職してみると現実の厳しさに直面させられる、というケースも少なくありません。

この職業の現実を知っておくためにも同じ職場でどの程度働くのか、どれぐらいで辞めてしまうのかをある程度確認しておきたいところです。ただ、平均勤続年数や離職率といったデータは算出されておらず、具体的な数字で判断するのが難しいのもこの仕事の特徴です。この職業は勤務先によって就業環境はもちろん、職業の名称すら異なるという大きな特徴があります。ブライダル専門のプロデュース会社に勤務するケースとホテルの宴会担当部門で勤務するケースなど。そのため離職率などの平均値を算出しにくいのです。

そのため正確な離職率はわかりませんが、全般的な傾向として他の職業に比べると高めだとされています。とくに近年の人気の高まりでますます高くなっているとも言います。憧れで就職したもののついていけずに辞めてしまうケースが増えているのです。勤続年数も2〜3年程度で辞めてしまうことも少なくないと言います。

どうしてそのような状況なのでしょうか?その最大の理由はこれまで何度か触れてきた「イメージと現実のギャップ」です。クリエイティブなイメージが強い職業ですが、実際には営業職の面が強いことや、華やかな楽しい仕事というイメージに対して実際には繁忙期に残業続きなど体力的に厳しい面があるなど、頭に思い描いていたイメージとのギャップが激しくて適応できないケースが出てくるわけです。

また激務に耐えかねて離職するケースも少なくありません。気候のよい春や秋には結婚式の予約が殺到するため、連日のように残業、それも帰宅するのは深夜遅くといったケースも決して少なくありません。心身ともに疲労して続けられなくなってしまったり、激務に対して残業代が思ったように出ずに不満を覚えて辞めてしまうことも多いのです。

さらに成果主義によるノルマを設定している職場もあり、そのプレッシャーに晒されながら仕事をしなければならないケースや、本来のプランニングの仕事よりも成約を獲得するための営業の仕事にばかり明け暮れなければならないケースなども出てきます。

こうした事情から離職率が高まる傾向があるため、就職・転職の際にはこの職業の現実をよく知っておくこと、そのうえで長く働き続けられる環境の求人を探していくことが鍵となるのです。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2022 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.