20代向けのウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナー求人TOP >> 条件別のウェディングプランナーの求人 >> 20代向け

20代向けのウェディングプランナーの求人

20代向けのウェディングプランナーの求人はかなり幅広い範囲から見つけることができます。まだ業界そのものが若く、また人材を求めている面があるうえ、ホテルや式場が若い人材を確保しておこうとする動きも見られるからです。ウェディングプランナーは経験とセンスと個性が求められる仕事、そして営業職としての面も備えています。それだけにどの施設でも自分たちに合ったプランニングや顧客の獲得に役立ってくれる人材をできるだけ若いうちに獲得しておく必要を感じているのです。

そのため求人そのものは多く、幅広い選択肢の中から探していくことができるでしょう。その際のポイントはまず2つ。その職場でどのような経験を積んでいくことができるか。先ほど経験とセンスと個性が求められると書きましたが、20代はそれらを磨いていく大事な時期です。そしてこれらは職場によって身につくものが大きく異なってくるのです。その職場の建物の雰囲気や用意されている設備、経営理念、すでに獲得している顧客層などによってできるプランニングとできないものがでてきます。そうした中で自分がウェディングプランナーとしてどう成長していくか。その後のキャリアにも重要な意味を持つことになります。

もうひとつのポイントは長く働き続けることができるか。同じ職場で定年まで勤めるケースは非常に少ない仕事ですが、20代の場合は先述のように経験を積むという点からもある程度の期間同じ職場で働き続けることが必要です。1〜2年程度でコロコロ職場を変えてしまうとそれぞれの職場に適応するのに精一杯で自分の個性やスタイルを磨く余裕がなくなってしまいます。その職場の平均的な勤続年数、あるいは勤続年数に合わせた年収モデルなどをチェックした上で確認しておきましょう。

専用式場や規模の大きなホテルともなると全国各地、あるいは海外にも拠点を設けているケースもあります。若い人材はこうした各地で活躍する機会に恵まれるのも大きな特徴です。海外で腕を磨きたい、日本ではなかなかないウェディングプランと接しながら経験を積んでいきたい、といった希望を持っている人はこうした職場からの求人を意識的に探していくとよいでしょう。

また若い人材をアシスタントとして雇う施設もありますから、数年は経験を積むためと割り切って給料などの待遇面は度外視して自分が働きたいと思う職場を選ぶのもひとつの方法です。

20代のうちにどれだけ経験を積んだか、何を身につけたかがその後のキャリアに大きな影響を及ぼしますから、ぜひ将来のこともしっかり考慮したうえでよい職場を選んでいきたいものです。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2022 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.