アシスタントのウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナー求人TOP >> 条件別のウェディングプランナーの求人 >> アシスタント

アシスタントのウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーは結婚式の総合的なプランニング・プロデュースを行う仕事です。また顧客に対してプランニングに対する説明、あるいは希望・要望をできるだけ詳しく聞き取るといった営業職としての面も備えています。ですからいくらセンスがよい結婚式でもウェディングプランナーが一方的にプランニングしたものでは顧客の満足度は高くなりませんし、逆に顧客の要望にただ応えるだけでは素晴らしい結婚式の実現が難しくなります。そしてその仕事ぶりが本人だけでなくその施設のサービスや料理、さらには評価そのものを決めてしまう面もあるわけです。

ですからウェディングプランナーの募集でもいきなり正規の形で採用するのではなく、アシスタントとして採用するケースも多く見られます。施設側から見ると試用期間といえますし、応募する側としては経験を積む期間というわけです。当然待遇面などにおいて正規の雇用に比べると条件が劣りますが、それだけに求人をチェックする際にはそれを補うプラスアルファがどれだけ期待できるかが鍵となります。

求人をチェックするうえでの最大のポイントはその後正規のウェディングプランナーとしての採用の余地があるかどうかです。もちろんずっとアシスタントのまま雇用し続けるところは少ないですから、具体的にはどの程度の期間で正規に採用されるのかがポイントとなります。また、どのような環境で正規に雇用されるのかも大事なポイントです。施設によっては新しい施設が現在建設中だったり、新しいサービスの準備を行っている段階でアシスタントを雇用し、それが終了するのと合わせて正規のウェディングプランナーとして活躍してもらうといったケースも見られるからです。

もうひとつのポイントはアシスタントの環境でどのような経験を積むことができるか。ただひたすら正規のウェディングプランナーの指示に従って仕事を行うような環境では十分に経験を積んでいくことはできません。働きながら少しずつ大事な仕事を任せてもらえる、仕事の重要さやそれがもたらす緊張感、責任感、達成感といったものを味わう機会があるかどうか。この点を重視しておかないといつまで経ってもアシスタント感覚から抜け出すことができない可能性があります。

これらは求人情報だけではうかがい知るのが難しい面もあるため、できるだけ詳細な情報を入手することが鍵となります。各施設のホームページで採用情報をチェックするなどの対策を行っていきましょう。アシスタントは未経験からでもウェディングプランナーへの道を開くことができるよい機会ですから、理想的なキャリアのスタートを切れるような職場を探していきたいところです。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2022 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.