正社員のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナー求人TOP >> 条件別のウェディングプランナーの求人 >> 正社員

正社員のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーは正社員としての雇用のほか、アルバイト、契約社員としての雇用もあります。正社員待遇の求人を探す場合にはまず検索の段階で非正規としっかり分けておくことと、具体的な待遇や環境をしっかりと確認しておくことが大事です。

正社員雇用のみの求人を検索していくことが簡単ですが、求人内容によっては正社員と契約社員の区別がつきにくいケースもあります。とくにウェディングプランナーでは「お試し期間」とも言うべき雇用環境が用意されていることもあり、採用後しばらくの間は契約社員として、その後問題なければ正社員として改めて雇用するといったケースが見られます。こうした求人も選択肢に含めるのかどうか、あらかじめ自分の中で決めておくようにしましょう。

もうひとつ注意したいのが正社員雇用の内容です。具体的に言えば入職後すぐに現場で活躍することができるのか、それともアシスタントとしての雇用なのかの違いです。すぐに活躍したいと思う方が多いと思いますが、未経験からの就職やこれまでとは異なる施設への転職の場合には業務に慣れるためにしばらくアシスタントとして働くのもひとつの選択肢です。当然アシスタントとしての雇用の場合待遇面でやや劣ります。この点の見極めをしっかり行っておかないとよい求人を見逃してしまう恐れがでてきます。アシスタントとして雇用されている間は給料は安いものの、その後正規のウェディングプランナーに昇格できた場合には高収入が期待できるケースもあるからです。単に収入だけで判断しないよう気をつけましょう。

あとは正社員雇用が多い施設や職場の傾向を掴んでおくこと。もっとも多くの求人が期待できるのはホテルでしょう。ただしホテルの場合は宴会担当部署に配属され、広く宴会関連の業務や他の宿泊業務などを担当するケースもあります。自分が思い描いているウェディングプランナーの仕事とはズレを感じることもあるので事前に業務内容や職場環境の情報収集をしっかりと行っておくとよいでしょう。

一方ブライダル関連のプロデュース会社の場合、まずアシスタントとして採用するケースが多く見られます。一方現場で経験を積みながらウェディングプランナーとしてのスキルと知識をじっくり身につけていける面もあり、未経験・経験が少ない方にとってはよい選択肢となるはずです。

すでに経験が豊富な方はスキルを活かせる専用式場の求人を探してみましょう。数は多くありませんが、キャリアとスキルをアピールできれば少ないチャンスを活かすことができるはずです。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2022 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.