激務でないウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナー求人TOP >> 条件別のウェディングプランナーの求人 >> 激務でない

激務でないウェディングプランナーの求人

華やかでクリエイティブなイメージもあるウェディングプランナーの仕事。しかしその実態とは裏腹にかなりの激務な面も備えています。極端なことを言ってしまえばどの職場でも多かれ少なかれ激務なところがあるため、自分が働き続ける範囲内で「できるだけ」激務ではない求人を探していくことがポイントとなります。

ウェディングプランナーの仕事が激務になりやすい理由は結婚式シーズンには集中して結婚式の成約・予約が殺到することです。他の冠婚葬祭のイベントとは異なり、本人が希望する日時に挙げることができるため、気候のよい春や秋など誰もが結婚式に適していると考えるシーズンに集中するのです。ですからこの時期にどれだけ仕事が集中する職場かを考慮して求人探しを行っていくのがポイントです。

まずスタッフが十分揃っているかどうか。不足していると当然ひとりひとりのウェディングプランナーの負担が大きくなります。このスタッフは他のウェディングプランナーだけでなく施設全体のスタッフにいえます。結婚式のプロデュースが仕事ですから、スタッフが少ないとうまくやりくりするためにスケジュール管理など慌しい思いをすることになります。

それから施設の規模。これはスタッフの人数とも関わってくることですが、極端なことを言ってしまえば規模が小さいところの方が激務の可能性が低くなります。限られた規模なら行える結婚式の数も限られてきますから、それほど無理なスケジュールで業務を行っていく必要がないのです。ただスタッフが少ないとやはり激務になりやすいのでその点は注意しましょう。一般的にはホテルよりも専用式場、ゲストハウスの方が規模が小さい分激務になりにくい選択肢といえます。

それと逆の話になる面もありますが、どれだけ施設内に設備が整っているかどうかも求人をチェックする際のポイントです。自前で結婚式に必要な設備が整っている方が仕事の量が少なくなります。レストランはもちろん、照明・音響設備など、自前で用意できない場合には業者に依頼・委託する形で調達する形になりますから、その交渉、連絡といった仕事が増えます。規模の大きな施設の方がこうした設備が充実している傾向がありますが、専用式場なら規模が小さいところでも必要な設備・環境は一通り揃っているのでオススメです。

こうしたポイントを踏まえ、できるだけ激務な環境に見舞われない求人を探していきましょう。そのためには求人情報だけでなくその施設のホームページなどで環境をチェックすることも重要な対策となります。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2022 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.