ウェディングプランナーの繁忙期は?

ウェディングプランナー求人TOP >> FAQ >> ウェディングプランナーの繁忙期は?

ウェディングプランナーの繁忙期は?

【ウェディングプランナーは忙しい】
ウェディングプランナーが多忙を極める仕事である事は、既に有名でしょう。毎日結婚式の打ち合わせや、式場の見学にきたお客様への接客・営業は勿論のこと、結婚式の手配やスケジュールの作成など、やる事は沢山あります。営業時間内では処理が追い付かず、残業になる事も少なくありません。そんなウェディングプランナーですが、流石に毎月忙しいと言うわけではありません。繁忙期・閑散期と言うものが存在します。

【ウェディングプランナーの繁忙期はいつ?】
ウェディングプランナーの繁忙期とは、つまり結婚式が多い時期になります。一般的に結婚式が多くなるのは涼しい時期か、温かい時期。最近では屋外でのパーティーも多くなっているので、暑い時期や寒い時期は避けられる傾向があります。中でも結婚式が多く執り行われるのは、10月と11月であり、次いで3月・4月・5月になります。ジューンブライドと呼ばれる6月は、梅雨に入り天気が不安定なため意外と人気がありません。繁忙期と言う程ではありませんが、3月・6月・9月・12月も程々に予約が入る時期になります。

ウェディングプランナーは基本的に自分が担当している結婚式に立ち会う事になるので、結婚式が多い時期になると週末は休む事なく働く形になります。また一日に複数の結婚式を行う事もあるので、丸一日働きづめという事も珍しくありません。

【逆に、閑散期は?】
一般的には結婚式が少ない1月・2月・7月・8月が閑散期となります。特にお庭を利用したパーティーや式の場合は、この時期を避ける傾向があります。結婚式が少ないと言う事は、土日の出勤も減ると言う事であり、オフの時間をとりやすくなります。なお閑散期であっても、友引や大安の日はやはり人気があります。

【どのような式場かにもよる】
繁忙期は3月・4月・5月・10月・11月で、逆に閑散期は1月・2月・7月・8月と言うのが一般的な見解ですが、これは式場がどのようなタイプかにもよります。先述した通り、お庭や屋外での結婚式を売りにしている式場であれば、暑かったり寒かったりする時期は避けられます。特に真夏の8月・9月は、ドレスアップをする女性からは不評の季節です。

しかし屋内やホテルの式場であれば季節を選びません。最近では料金や会場の空きの都合から閑散期を狙って結婚式を挙げるカップルも増えているので、閑散期だからと言って暇とは限らない場合もあります。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2022 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.