専用式場のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナー求人TOP >> 職場別のウェディングプランナーの求人 >> 専用式場

専用式場のウェディングプランナーの求人

専用式場のウェディングプランナーはまさにこの仕事の醍醐味を味わうことができる職場です。しかしその一方で求人探しの際にはいくつか注意しておかなければならない点もあります。

まず専用式場では分業制を敷いているところが多いこと。顧客の要望に応えてキメ細かなサービスを提供している専用式場では複数のウェディングプランナーや会場スタッフがそれぞれの業務に専念して行うケースが多いのです。そうすることでひとつひとつのサービスの質を高めているわけですが、そのため臨む仕事を担当できないケースも考えられます。

顧客に式場やサービスの魅力を紹介して契約を勧める成約業務、成約後に打ち合わせを行う業務、式の準備を行う業務、そして当時式を進めていく業務…こうした仕事によって行う仕事はずいぶん違ってきますし、適性にも差が出てきます。たとえば成約業務では顧客に対していかに自分たちの魅力を伝えることができるか、コミュニケーション能力や営業力が問われることになりますが、一方でプランニングやプロデュース能力はあまり問われません。ウェディングプランナーの仕事のどういった点に魅力を感じているかによって担当する職場に満足したり、失望することがあるので注意しましょう。専用式場からの求人を見つけた場合にはできるだけ具体的にどの部門から募集しているのかを確認しておきたいところです。応募条件や求められる資質などで判断するほか、必要ならば直接問い合わせるなどの対策も検討しておきましょう。

それからその式場がどのような環境や設備なのか。専用式場はどこも個性を売りにしています。その分建物や施設、サービス内容に特色が見られるため、自分がやりたいと考えている結婚式のイメージやこれまで携わってきた結婚式と共通しているかどうかも重要なチェックポイントとなるのです。これは専用式場の良し悪しの問題ではなく自分との相性の問題ですからなかなか難しいのですが、施設のホームページなどでできるだけ詳しい情報を得ておくことが大事です。

最後にエリアの問題。こうした専用式場はどうしても都市部や観光地に多くなります。ですから通勤可能な範囲に求人があるかどうか、場合によってはその施設への就職のために移住する決意があるかどうかも重要なポイントとなります。利便性はもちろん、ウェディングプランナーとしてやっていく決意なども問われることになるでしょう。将来のキャリアのためにも非常に有益な経験が出来る職場ですから、自分が納得できる環境を探していきたいところです。

ウェディングプランナーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

ウェディングプランナーの転職の基礎

条件別のウェディングプランナーの求人

職場別のウェディングプランナーの求人

ウェディングプランナーの転職FAQ

企業別のウェディングプランナー求人


Copyright (C) 2015-2022 ウェディングプランナー求人ナビ(※人気転職サイトの比較) All Rights Reserved.